Le Fantasque

書きかけメモ帳

映画「メメント」

まだ面白かった頃のノーラン監督作品


メメント [Blu-ray]

メメント [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: Blu-ray


当時は割と有名だった気がするな。
デビュー作で尚且つ時系列が逆行していく作品って事で注目集めてた。
最近はどう言うわけか、インセプションダークナイトシリーズのノーラン監督って言われているけど。そこが、どうにも不思議でならない。
正直、クリストファー・ノーラン監督の最高傑作と言ってもいいのに。
それなのに配給会社はメメントの事など忘れたかのように名前を出さない。

初めて見たのはレンタルのDVDだが、当時本当にDVD買おうかと考えていたのはこの作品くらいだった。それくらい面白かった。

しかし、作中おかしな点もあるわけで、
例えば10分しか記憶が続かないのに、明らかに10分越えて記憶保持してるとかね。基本場面切り替わったら記憶を忘れるのに、どうもいっこ前の記憶保持してる感じがする。
ぶっちゃけ単に逆行だけならまだ良いんだが、それと平行して巡行の流れの白黒場面もあるわけで、単に逆行していく映画よりももっとめんどくさい事になってる。
でも謎解き自体は可能で、白黒映像のみを見ていって、今度はカラーの映像を逆に見ていけばよい。それで話は解ける。いやそんなことしなくてもネタばらしは最後にやってくれるから良いんだけどね。

ちなみに時系列揃えて観ると、納得は行くけどあんま面白くないのよね。見た当時はてっきりこの巡行逆行が平行していく作りのせいで脳がオーバーヒートしてるせいで面白く感じてるのかと思ってたけど、
まあ、本当の所はこの構成で面白くなるように作ってるから当たり前だよね。
謎の提示、展開が何とも上手くて。逆行だから面白いというより、逆行してるのにこんなに面白く出来るのが凄いというか……。
まあ、「桃華月譚」のアニメとか観てると、話逆行してるからって面白くなるわけ無いってのが如実に感じられるよね。

20年ぶりぐらいに観たけど、相変わらず面白いというか、筋は知ってるのに画面から目を離せなくなる度合いは当時より強まってる感じがするな。
TENETほどまでSF設定盛り込んでると、理解しようとするだけで大変で、話に付いていけないが、メメントぐらいなら設定は分かりやすいし話に集中出来て良い。
やっぱりノーラン監督の最高傑作なんじゃないのかなこれ。ダークナイトインセプションもテネットも観たがこの衝撃的な映画越えられてない感じがする。どこか常に「メメント」と比べてしまって微妙に感じてしまう。
なぜ?メメントはあんなに面白かったのに?なぜ?
まあ、当時初めてこの映画見たときの衝撃みたいなものだけが残って、それを感じられないから微妙に思えてしまうんだろうね。こういうのも思い出補正って言うのかな。今観ても名作に感じるけど。

で何個か前に言った、設定上の矛盾みたいなのを突っ込まれまくって嫌になったから、テネットみたいなガチガチの理論で固めて突っ込み入れられないような映画を作ってしまったんかね。あと、時系列揃えて観ると微妙に思えてしまうのを防ぐために巡行逆行織り交ぜて絶対に要素分解出来ないようにしてるとか。なんかそんなことを考えてしまう

映画「1917 命をかけた伝令」

ザ・映画って感じ

なんて言うか、背景とか詳しく知らなくても映像や音楽やら見せ方だけでもう見ててワクワクしてくるような何か。
テネット見てたせいか、これこそが映画って感じがする。
たぶん違うんだろうけど。
なんて言うか話は突撃中止の命令を前線に伝えにいく伝令のお話なんだけど。その途中に相方死んだり銃撃戦に遭遇したり女にあったり。
まあ、よくありそうな退屈なストーリーなんだが、映像の暴力というか演出の暴力見たいなものでずっと目が離せなくなるのよね。
ずっとカメラ回ってて、角度変えて急に登場人物増えたりとかするもんだから目が離せないのよね。ちょっとした見落としでついていけなくなりそうだし。
戦争映画って言う退屈なジャンルの割に面白かったね。
ていうかこれ戦争映画じゃないよね。第一次世界大戦のどこの戦いが舞台になってるかとか知らずに見ても面白いし。

映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」

4Kドルビーでやるなら3やった方が良かったんちゃう?

ガメラ 大怪獣空中決戦

ガメラ 大怪獣空中決戦

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

ガメラ生誕55周年ということで4KリマスターBDを記念してドルビーシネマ劇場で公開するんだそうな。


そう言えば、ガメラって劇場で見たこと無かったなと思って見に行くことに。

画質的には「わざわざドルビーでやるほどか?」とは思ったが、なんやらかんやら詰め込みまくっててストーリー的にも特に飽きがこない。というとこはさすがか。うーん。いや何回も見てるからストーリーについて今更語ることあるか?感が凄い。シン・ゴジラが白米としたらこれは濃いめの焼き飯みたいなもん。濃厚。量が多い。ルーン文字やらアトランティスやら、遺伝子操作怪獣やら、自衛隊使うことによるリアリティのアップやら。

しかし、ドルビーシネマのCM見たあとに、あの「大映」の文字がでたときは、うわー。流石に古いな~と思ってしまった。
当時ですら古い(意図的にそうしてるんだろうけど)画質だったけど、映画館で見ると尚更。とは言えドットが見えたりぼやかしたりはしてないよう何でまあ大画面で見るとそんなに悪くはない。問題なのは合成の方で、ガメラとギャオスの一騎打ちで空中決戦するシーンでもろ背景と合成だなーって分かっちゃうってのがな。
こんなモンだった?
2000年頃に、3を見たあと1を見直したら、ギャオスの挙動とか造形とか、ミサイルのモロCGって感じのが目に付いたけど、今回それよりも怪獣同志の空中対決のとこの方が気になってしまった……。
ギャオスが羽折り畳んで飛行モードになるシーンみたいなのがないから、なんか急にギャオスが顔だけになっちまったな?という感じ。

東京住民を避難させるのに一週間かかるとか、人っ子一人居なくなるとか、ギャオス捕獲に使った手がヤマタノオロチ退治の酒を思わせる作戦だったり、ギャオスが遺伝子操作されて人工的に生まれた生物だったり。なんかシン・ゴジラここら辺インスパイアしてる感があったな。

そう言えば、ガメラ初上陸時にわざわざ博多港に上陸してるけどなんかあれ意味あったん?
結果的にはギャオスはたき落とせたから良かったけど、そこから福岡ドームへ向かうために港をぶっ壊しまくって結局人的被害が酷いことになったせいで政府から目を付けられる事になってしまって……。福岡ドームも割と海のそばだから一旦海に戻ってからってわけには行かなかったのかな。
地理的に福岡ドームは百道だから、わざわざ博多港へ上陸する必要なかったんちゃう?
あれ?あの辺も博多港っていうんかな?

昔は自衛隊というか、内閣の「ガメラは駆除、ギャオスは保護」って方針に分からず屋感があったが、ここで数百名以上死んでるとなると、この決定もやむを得ない気もするな。この時点でギャオスの被害が数十名ぐらいだもんね。

まあ、そもそもこれが面白いってのは最早大前提で語る必要のない事なんだけど、
「やるなら2の方が現実的脅威を感じられて良いのでは?」「3の新宿炎上をこれで見たらどんくらい迫力あるのかな」とか考えてしまった。
前からわかってたけど、火球吐く辺りも2の方が迫力増してんのよね。3はもっと凄いが。なんか2から急に特撮レベルがアップしてる気がする。まあ、直近で見てないから思いで補正有るんだろうけど。
1はなんか動きと火球吐くタイミングがちょいずれてる気がする。
まあ、2は夜シーン多いからコントラスト差で映えてたってのもあるだろうけど。
ドルビーだと黒の表現凄いらしいけどレギオンの黒さが際立つかな。

映画「狂った一頁」

日本版balletmecanique


狂つた一頁

狂つた一頁

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: Prime Video

まさかアマプラに「狂った一頁」が出るなんて……。
何かと有名な作品ではあるけど、YouTubeだと断片しかないような感じだし、話も分からんし、音楽もなんかぐちゃぐちゃ。
このアマプラ版は一応音楽はそれらしくなってる。
ただし、ストーリー用の字幕が何もないから、見てても意味が分からん。
映像表現的には昔の映画とは思えない凝り方してるから、まあ、バレエメカニックみたいな感じで単なる実験映像作品として見るのが良いかも。
それでも長いし意味不明なシーンが多いから途中で飽きるが……。

一応川端康成がノベライズしてるようだけど、これがまた「川端康成全集」でしか読めない代物のようで、読むのはちょっとやっかいそうですね

映画「デビルシャーク」

作品ですらない、映像の垂れ流し

デビルシャーク

デビルシャーク

  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: Prime Video

「フランケンジョーズ」より酷いと聞いて「流石にあれより酷いのはないやろ~と思ってたけど、本当にそう。
あれより酷い。
あれより酷いのって何?って思うかもしれない。あれを下回る作品なんかあるのか?ある。ここにある。というかこれはもはや、何かの作品ですらない。
前後のつながらない映像垂れ流してるだけ。
ぶっちゃけ、食われる対象とサメが同一画面にいるって時点で「フランケンジョーズ」の方が上なんですよね。
CGIショボいけど。ショボいけれどストーリーある時点でマシなんだよね~。

これはなあ、
神父がデビルシャークに噛まれた女に悪魔払いする辺りまでは何となくわかるんだが……。いやそれまでも、謎の女が他の女を湖に誘ったりという謎のシーンが多かったが、ここから更に意味の分からんシーンが増える

ストーリー

何やら破戒僧っぽいシスターが生け贄を湖に流して悪魔に捧げてデビルシャークを召喚。
その一年後に湖にやってきたギャル三人のうち一人が噛まれてデビルシャークの眷属的な何かになり(こう考えるとデビルシャークというよりヴァンパイアシャークじゃないのか)、一日中風呂に浸かるようになる。そして、水辺に出没してやたらと水遊びに誘ったり、砂場で遊んでる知恵遅れの女をプールに誘ったりという行動をするようになる。
噛まれた女とルームシェアしてる友人の所に神父が現れ、噛まれた女は悪魔にとりつかれているという。
噛まれた女が男を襲おうとしたところに行きあわせた2人。十字架を掲げて凶行をくい止める。
どうやったのか、噛まれた女を木に括り付け悪魔払いを行おうとする神父。しかし、悪魔払いするには力不足だったせいかうまく払えない。代替案として、自分に憑依させることに成功する。
悪魔は神父に憑依し、女は正気に戻るのだが、夜空の謎の丸い光の中からデビルシャークが、現れ2人は食われてしまう。友人は神父が憑依されたときに逃げた。
ここまではまだいい。なんでか、このあとおばさんが曇天浴やってるのと、それを至近距離から盗撮するシーンが延々流れ、
それが終わったかと思ったら冒頭で出番が終わったと思ったシスターが唐突に現れて曇天浴おばさんを刺して「悪魔万歳!」と唱える。しかし湖に流した曇天浴おばさんは生きていたらしく湖の中から現れてシスターを湖の中に引きずり込んでしまう。
なんでここで唐突に諸悪の根元が死んだのかは謎です。なぜそれがたまたま曇天浴してただけのおばさんによって実行されたのか?という点も謎。
もしかしたら曇天浴おばさんじゃなくて冒頭で刺された生け贄だったのかも知れない。
だとしてもなぜこの段階で唐突に復活するのか、一年間このシスター何してたん?などなど疑問が残る。
で、この後は逃げた友人がふらふら歩きながら服を脱ぎ捨てていたのを友人Bが見つけて追っていったらデビルシャークに食われて終わり。
エンドロール。
エンドロールが終わると謎の赤髪の女が水族館を見て回り、魚見てる途中に唐突に鮫ぬいぐるみを取り落としてカメラを向いてゲロ。画面が赤くなって終わり
エンドロール2
そしてDパート。謎の女がゲロ吐いて終わり。

何?なんでそんなにゲロ吐かせたいの?
ホラーで何に似てる言うたらテリファーかな。メインのクリーチャーの造形以外がてんでお粗末な点が似てるかな。

ストーリーには書いてないが、合間合間にオカルト系ニュースキャスターとか、そのインチキ暴こうとする常識的な記者とか、殺された女に欲情するおっさんとか、
女学生会に入りたがる2人の女と、入る条件に鮫の出る湖で泳げと脅す女の三人組が出てくる。
しかし何か本編?みたいなのには関係なさそうなので割愛。本編?本編といえるほどまとまったストーリーあんのか?

なんか単なるAV女優の紹介ビデオがどう言うわけか一般レーベルに乗ってしまったような感じで映画と呼べる代物ではない

映画「ペットセメタリー」

続編はゾンビ映画だな……

ペット・セメタリー (2019) (吹替版)

ペット・セメタリー (2019) (吹替版)

  • 発売日: 2020/05/01
  • メディア: Prime Video

ん……まあ……
なんか起こりそう起こりそうと思わせといて、やってることは単なる死者甦生。内容もそう、想定通りに「蘇った奴は生前とは別人と化してる」って言うお約束の。
リメイク前を見てたせいか、前作との差異を確認するって視点になってしまったな。
まあ、ちょっと微妙かな。
おどろおどろしい雰囲気出てる割にやることそこまでない。というか、たぶんゾンビものの前日譚的な位置付けになりそうな話。終わり方見てたら。
「IT the end」と比べたら大して話題にもなってなくて何でかなと思ってたけどまあしょうがないなこれは

映画「テリファー」

エンジェル伝説的なもんかと思ったら

テリファー(吹替版)

テリファー(吹替版)

  • メディア: Prime Video


個人的には単なるグロホラー映画って評価下すのが一番すっきりする。
何か余りにも印象の強烈な怪人の姿してるから、快楽殺人の化け物と思わせといて……的なサプライズでもあるのかと思ったら特にそんなこともない……。
登場人物達はアホっぽい逃げ方行動取ってどんどんこのピエロ(と作中では言われている)に残虐……というかまあ、無駄にグロい方法で殺されてゆく。
でもまあその方法もなんか、「サスペリア」を思い出すようなしょぼいのもあったりで。
なんていうか、昔言われてた「凄惨な人体解体シーンだけで話題を取ろうとしてる悪趣味なホラー映画」みたいな感じ。
まあ、スラッシャー映画あんま見たことないから程度は分からんがかなりグロいな。
初っ端の解体シーンが作り物感出てて微妙だから油断してたわ。
それにしても何なんだろうな、この登場人物の誰にも共感とか感情移入とか出来なさそうな感じ。「SAW」シリーズとかだとやられてるシーンで「痛そう」とか「いてぇ!」とか思うのになんかこれそういうのなんもないのよね。

ピエロの殺人鬼もなんかまあ……見た目の割になんか……ただの快楽殺人鬼だなって……
最後のあれも最初に繋がってるって事でまあ、良いんだけど止め絵がなんか古くさい演出だなぁと。

まあ、全体的にただのグロ映画かな。スタイリッシュピエロは見た目良いんだけどなんか。
怖いというか腹立つ系