Le Fantasque

書きかけメモ帳

映画「アトラクション 制圧」

原題がどういう意味でこんな訳の分からんタイトルになったのか気になる……

内容は、やたら気分屋の女が地球に不時着した宇宙人と恋に落ちるとか言う「ロズウェル」みたいなクソ話。
何でこんなクソみたいな話にここまで凄いCG使えるのか不思議である。
もうね、冒頭の謎な監視衛星じみた宇宙船が落ちてくるところとかは最高なんですが。ええ、こういう現実の町並みに宇宙船みたいな非現実的なものが不時着して町並み破壊されてくのを見るのが好きなんです。
その後のストーリーがなぁ。

主人公の女が彼氏とちちくりあってたお陰で、屋上にいた主人公の友人(女)は大怪球の墜落に巻き込まれて死亡。ちなみに主人公が、彼氏とセックスしようとしてたのはその友人の部屋。
主人公の父親(軍人)が墜落した現場に向かうと、パワードスーツを着た宇宙人が現れテレパシーで「宇宙船の修理が済んだらすぐに出て行く」と告げる(と父親は言っている)。
その言葉を信じて、軍は宇宙船の周りにフェンス張る。が主人公は友人が死んだのを宇宙人のせいにして、「この国は私たちのモノだ!宇宙人に侵略されてたまるか!」とクラス内で演説かまし、彼氏の悪い友人と共にフェンスの内側へ。
彼氏とセックスしようとした部屋(死んだ友人の部屋)へ行き、そこで友人からの留守電聴いてやっと自分が屋上にいれば死なずにすんだのにと気づく。やっとか
危うく落ち掛けた所をパワードスーツの宇宙人に助けられるが、駆けつけた彼氏たちはパワードスーツを鉄パイプで殴りつけ、地上十数階から落下させる。その後主人公たちはパワードスーツを回収して逃亡。中身は怪我したまんま放置させられる。
なんやかんやあって中身(宇宙人なのにどう見ても普通の人間)を助けることにした主人公。病院に侵入してゾーンから回収した宇宙人の治療を行う。
宇宙人が完全に人間型の時点で気づいたと思うが、、、主人公は案の定この宇宙人を好きになる。
宇宙人の頼みに応じて軍の施設に回収された水集め装置を回収に行く。責任者が父親だったので(というより割といい地位にいるらしい)「妊娠した」と嘘を付いて会議中の父親との面会を取り付ける。あげく抱きついた時にカードキーを奪って宇宙人に渡す。宇宙人はたまたま部屋にあったモニターに都合よく捜し物が映っていたのを見て、防護服で顔を隠して手際よく回収。
が、カードキーの持ち主で無いことに気づかれ警報ボタンを押される。
が何食わぬ顔で防護服を脱ぎ捨て、車に乗って主人公共々堂々と施設から脱出。手際いいな。
しかし監視カメラにカードキーをもっていた姿が映っていたせいで追っ手がかかる。
祖母の手助けで難を逃れた主人公は宇宙船へ向かうが、宇宙人と別れたところで彼氏からの電話。出ると案の定別れ話。主人公が宇宙人の方が好きだと答えると物陰から彼氏が現れ宇宙人をフルボッコに。が主人公が襲われそうになったことから一転攻勢。が、主人公の持っていた(父親の金庫から盗み出した)銃が奪われそれが暴発。彼氏のお仲間死ぬ。
結局フェンス内巡回中の軍に回収され、主人公は全部父親が悪いと断定して責め立てる。一方彼氏は民衆を扇動してフェンスを破らせる。
主人公は自分のこめかみに銃を突きつけて車を奪って宇宙船に向かうが、そこへパワードスーツで武装した元彼が乱入。なんやかんやの戦闘があって元彼は主人公を撃とうとするが宇宙人が庇う。
が銃弾はあっさり突き抜けて主人公は瀕死。駆けつけた父親が宇宙船からのパワードスーツの使者に連れられて宇宙船内部へ。治療装置で娘は助かる。
が宇宙人は死んでしまったらしくそのまま。
そして宇宙船は再び空へ帰るのだった。
主人公のしょうもないモノローグで閉め。


まあなんやろ。ロシア版「地球の静止する日」かな。ソラリスはどうしたんねん。
「ストーカー」とか再映画化しないのか?

映画のメッセージとしては「ロシアはこんなに自由な国に変わったよ」っていうプロパガンダですかねぇ。
フェンス立てられて不満の募った民衆が警備している武装化警察官に詰め寄るが、警察官は特に何もしない。ロシアの警察こんなに優しくねーだろ。なんか罵った時点で警棒で殴ってくるぞ奴ら。

パニックものかなんかみたいなパッケージしてますけど、中身は頭の軽い恋愛ドラマですからもうちょい恋愛ドラマ風にしても良かったのでは?とも思う。
後どっちにしろこの邦題は無いわ~。原題の表現の仕方が良かっただけに残念ではある

映画「殺人の追憶」

リメイクされたやつと間違えた


Wikipediaで調べてストーリーは知っていたが、途中までしか書いてないのかと思ってた。本当にあそこまでのストーリーだった......
結局犯人わからずじまい。
韓国警察の糞さしかわからなかった......

なんか記憶違いしていたらしく、あれ?日本でリメイクされたやつとストーリーちゃうやん?と思ったけど、そっちは「殺人の告白」らしい......
primeビデオで配信してるかなぁ......

映画「ハードコア」

酔う


一人称視点でアクションしまくるんでほんと3D酔いする

ん、まあ、そういうFPSっぽい視点がメインの売りであってストーリー何てあってないようなものですよね……

映画「ジーザーズ・クリーパーズ」

怖いけど面白くはないような……



なんか有名監督っぽい名前だったんだけど、本当ならあの監督がこんなもん作るか?と思ったらやっぱ別人

23年ごとに現れては23日間人を食うとかいう、怪物王女辺りで見かけたモンスター臭いやつが出てくるという話で見てみたけど。ん、まぁ、怖くはなるけど
なんか見ててだるいシーンが多い様な…怖いシーンもあんまないというか……なんか登場するクリーチャーがもろにXメンに登場しそうな見た目してるってのがなんか微妙に見えたのかもな

映画「Don’t say a word」

日本語タイトル不明

んん……なんというか……
あんだけ入念に舞台装置作っておいて対して緊迫感も出てない上に、
最後は主人公側の言葉に乗せられて有利な状況を自分から放棄する犯人って何なん?
みたいな。


結構微妙臭い…
なんだろうな。刑事モノの海外ドラマの一エピソードとしてならまあ、こんなもんかなという気もするけど…。これ一応映画っすよね…小説原作の映画だからなんかいまいち盛り上がらないんだろうか


狙ってる娘の入っている精神病棟割り出して、排気口から盗聴器潜り込ませて
そこの看護師を買収して、その娘から隠し場所吐かせようとして
それが失敗したら、病院内の時間割に書いていある勤務者以外知りようのない情報(名前)から外勤の心理学者の家割り出して、
そこのマンションの別の階の部屋に侵入して、監視システム構築して
担当医師の愛人さらって担当医師脅して探らせて、
同時に外勤の心理学者の家にドアチェーン切って侵入して、監視カメラ備え付けておまけにその家の娘誘拐して

SAW並みに有利な状況作り出しといて結局失敗するってお前…

とりあえず、ドアロックのチェーンって簡単に切れるから注意しろよってことぐらいですかね・・・

Asusのゲーミングスマホがなんかすごい

BlackSharkの動画見てる最中に見つけた


www.youtube.com

Oh...
す、すごいなこれは……
f:id:ext3:20181104144817p:plain
この六角形の箱!
f:id:ext3:20181104144850p:plain
性能とかどうとか以前にこれだけで欲しくなる
f:id:ext3:20181104145010p:plain
f:id:ext3:20181104144937p:plain

ROGPhone 調べてみたところ。Asusから出るゲーミングスマホらしい
news.mynavi.jp

オプションでコントローラーがあるのは当然として、冷却ファン(多分)やドックまである。
個人的に気に入ったのが、充電端子の位置。一般的な横状態で右の位置ではなく横状態で下側の方に端子がついている。

一般的なスマートフォンでは、本体を縦持ちした際に底面になる位置にUSB端子を設けているが、横持ちでプレイするゲームの場合、この状態でケーブルを接続すると操作性が悪化する。

ROG Phoneでは、底面の充電用端子に加え、側面に充電とディスプレイ出力可能なUSB Type-C端子を設け、ゲームプレイ時に充電ケーブルが邪魔にならないようにした。

ここですね。
確かに邪魔なんだよなゲーム中右側に端子出てるの
news.mynavi.jp
ゲーム用として通常持ったときから見て左側面に充電ケーブル端子つけるのは確かに最適解
これができてるかできてないかで快適度が大幅に違うことは間違いない。
そういう点でいうとRazerPhoneやらBlackSharkやらはもう論外ですなぁ…買うのこれ一択やん
日本で5万以下で出たら即買いするわこんなん。

おまけに本体冷却用のファンまである。(オプション)

さらにオプションとして「Extra Cooling Boost」も用意して、さらなる長時間駆動を実現の実現も図っている。

news.mynavi.jp


Oh...最高やお前…
だいたい前にほしいとか言ってたMotoModzのオプション追加されてますね。
イヤフォンジャックもちゃんとあるし
news.mynavi.jp

もう、イヤホンジャックなしのBlackSharkは論外って気になってきますね。そろそろXiaomiのスマホ買おうかと思ってたけどまた見送りですねこれはァ…

ソニーはこういうスマホ作るべきなんだよな。もう、家電分野スマホは諦めて、ゲーム分野を取り込むしか道はないのでは?

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」

2時間刑事ドラマをアニメにしたような感じ

何て言うか開始直後に爆発やって、あとはなんか地味に捜査していくあたり、最近よくある欧米の要素取り入れた2時間刑事ドラマとかに似てる気がする……
公安警察が主役のアニメが出るとは思わなかったぞ……しかも割りと推理ドラマじみてるし。
アクション要素は先の純黒でやったからこんどは推理要素盛り込んできたのか
公安系は外事警察ぐらいしかドラマでも見たことないが

ところで公安検事とか公安警察とか警察庁警視庁で公安が違う云々の話はいいんだが結局よくわからんかったな。結局なんかミスリードさせたかった系なのか。

ところで最後の列車に突っ込んでいって片輪走行すんのはさすがに無理がありませんかね……。
あげく前作みたいな人間場馴れした行動してるし……

うん。ま全体的には普通だった気がするんだが……
今回にキーパーソンである羽場の声がな……いくらお笑い芸人とはいえあの回想の声はな……